年長組  サーキット

年長のサーキットは楽しむことに加え、身体の動きを意識して行います。
 
 
跳び箱では、「助走」→「踏み切り」→「着手」→「開脚」という様々な動きを連動してスムーズに出来るように、「跳び越せる」ことを目標に取り組んできました。
踏み切りや、開脚など、これまでの積み重ねで養ってきた力に加え、手の力もつけようと取り組んできた”大きな大きな山登り”は、年長組ならではの迫力です。しかし、迫力やただ登るのではなく、手の力を使い登ることや、高く登るために助走のスピードや踏切の強さ、力の使い方を意識して取り組んでいます。
年長組になってからから取り組みだした鉄棒の逆上がりでは、蹴り上げ・お腹を鉄棒に引き付ける事を意識して取り組んでいます。体育遊びやサーキット遊びの時間だけでなく、年長の廊下という身近な場所に鉄棒を設置し、やりたい!と思った時に取り組める環境を作りました。初めは数えられる位の人数しか出来なかったのが、「出来るようになりたい!」と毎日練習するうちに出来る子が増え始め、出来るようになった子がコツを教えてあげたり、「公園でもれんしゅうしてるねん!」と出来るようになってから披露して、驚かしてくれる子もいます。そんな中で、友だちが出来る様になったと一緒に喜んでくれる姿や、「もうすぐできそう!」と応援してくれる様子もあり、自分が出来る様になった事を喜ぶ事はもちろんですが、友だちが出来たという事を一緒に喜んだり、友だちの事を思いやって関わる姿も見られました。
 
 
運動会は、「逆上がりができる」「跳び箱ができる」といった「見える力」に成長を感じていただける機会ではあるかと思います。
しかし、運動会の今がゴールではなく、年長での1年間を通して今は出来なくても挑戦してみようとする気持ち、少しコツを掴んで練習をする事が楽しいという思いなど、「自分の目標を持つ力」「目標に向かってこと」、意欲を持って取り組む力など、小学校以降に繋がる「見えない力」の成長も感じていただきたいと思います。
 
 
運動会本番ではそれぞれの取り組みに意味がある事を伝え丁寧に取り組み、イメージをしっかりと持って、自分の身体を動かすことを楽しみます!