年少組  サーキット

年少のサーキットでは身体をたくさん動かして“楽しい!”“もっとやってみたい!”という子ども達の意欲を大切にしています。
なぜなら、存分に楽しいを経験すると、必ず、もっと難しいことにも挑戦したいという更なる意欲がたくさん出てくるからです。
挑戦したいという意欲を育て、年中・年長となるにつれて新たな遊具や技(技能の獲得)にも挑戦していけるようにと考えています。
 
 
初めは、トラックの周りに遊具を置いてどんどん周っていきます。しかし、少しずつ次はどこにいくのかという事を覚えていくとぐるぐる周るだけでは簡単になります。そこで、少しずつ遊具の置く位置を変えて道を難しくしていきます。それが年長のサーキットの基本の形になっていきます。また、サーキットをひとつひとつみていくと、前転、お舟漕ぎという1つずつの競技に見えがちですが、実は前転はしっかり手をついてまわるという鉄棒の前回りに繋がっていったり、お舟漕ぎではしっかり腕を伸ばして前に進んでいく腕支持で跳び箱に繋がっていたりと、その他にも色んな競技に繋がっています。他にもたくさんありますが、前転においてはマットの下に踏み切り板を入れて坂を作り回りやすくして、身体で回り方を覚えられるように工夫しています。それぞれ、次に繋がる大切な要素がたくさん入っており年中・年長のサーキットに繋がる大事な基礎が年少のサーキットです。
 
 
これまでの取り組み


広い所に行くと、子ども達はまず思いっきり走り出します。しかし、たくさんの子ども達が一斉に色んな所に走ってしまうとぶつかったり怪我に繋がってしまいます。そこで初めに数枚マットを敷いてマットを家に見立てて一方通行で走り、笛が鳴ると家に戻るという事を遊びながら何度も繰り返し行い、少しずつ遊具を出してサーキット遊びに繋げていきました。
サーキットでは“はやくやりたい!1番にやりたい!”という思いがたくさん出てきます。そんな気持ちから友だちを抜かしたり、好きなものだけをたくさんしたりという姿も初めは多く見られました。
そこで、まずは“順番に並ぶ”という事から伝えていきました。しかし、言葉だけで並ぶという事を伝えても難しい為、子ども達は並んでいるという意識がなくても必然的に並べるように、あえて1人ずつしか出来ない所を作り、これが並ぶという事なんだとわかるように保育者が配置を工夫して置くようにしています。順番が並べるようになってくると、次は子ども達それぞれのペースがあり待ちきれなくて次は友だちを押したり、順番を抜かしたりという姿も出てきます。そこで前の友達が競技をしている時はフープで待って、友だちが終わったらスタートするという事を伝えながら何度も実際に経験することでしっかり理解できるようになってきました。そして出来ている事をたくさん褒めて次の挑戦に繋げていっています。
 
 
一学期から少しずつ遊びや経験からルール・順番などたくさんの事を覚え、しっかり約束を守れるようになりました。そんな子ども達の本番、一生懸命に頑張る姿を是非ご覧ください。