年中組  パラバルーン

パラバルーンは、円形の大きな布をみんなでタイミングを合わせて動かしたり、様々な形を作ったりして遊ぶ事が出来ます。
遊びながらタイミング感覚・リズム感・スピード感・表現力など身に付け、仲間とのコミュニケーション能力を育てることをねらいとしています。

年中組では、運動会に向けての活動を通してクラス意識が少しずつ高まっていきます。
 
1学期初めは遊びを通して、少しずつパラバルーンに親しんできました。
初めはバタバタしたり、バタバタしている中を探検してみたり、遊ぶ事でパラバルーンに慣れ親しみ、楽しみました。たくさん味わうと、「もっとしたい!難しいこと(ワザ)にも挑戦したい!」という気持ちが湧いてきます。そこで、“山”や“家”、“パラシュート”などの技に挑戦し始めました。
その中で「みんなで力を合わす」大切さを伝えていきました。
「一人でなく、みんなでパラバルーンをしていること」を意識し、成功と失敗を繰り返すことでクラス意識がより高まりました。さらには、自分のことだけでなく周りも少しずつ気に掛けられるようになりました。また少しずつではありますが、パラバルーン以外の部分でも周りに気が付くようになったり、協力する姿も増えてきています。パラバルーンを通して、周りを感じる事やクラスみんなで協力するとこんなにも大きな力になる事を実感し、経験してもらいたいと思います。
 
 
 
取り組みの中で
 
クラスのみんなで持ったとしても、あの大きなパラバルーンです、なかなかうまくいきません。
上手く膨らまなかったり、できなかったり。
繰り返し遊んでいく中で「みんながしっかりと引っ張ること」を伝え、子ども達一人ひとりが意識することで上手く膨らむようになりました。
回数を重ねることで少しずつよく膨らむようになっているパラバルーンを間近で見て、子ども達は喜ぶと共に達成感を感じていました。
今日の演技の中にも、「引っ張って!」という場面が、所々に見られるかと思います。
“お山””パラシュート”などと比べると、地味なところですが、「引っ張って!」=「うまく、カッコよく出来るように!」とクラスが1つになってがんばるポイントです!
ぜひ、感じて見てください!
 
 
 
「協力」
 
 
「みんなの力を合わす」ことが大切なパラバルーンは、「協力」が大切という言葉でも表現できると思います。
 
“協力”には、パラバルーンのように、みんなが同じ動き、同じタイミングで、同じ役割をする協力と、それぞれが違う役割を果たしながら、同じ目的を達成する役割分担を伴った協力があります。例えば、リレー、組体操、野球・サッカーなどポジションがあるチームスポーツなどがそれです。
年中組では、協力=力を合わせるを、わかりやすく、体感、実感できるように、前者の協力=パラバルーンや綱引きに取り組むようにしています。
 
 
 
そして、年長組へ。
リレーや組体操といった、役割分担を伴った協力の中にも、楽しさを感じられるようになってほしいと思います。