小菊  かけっこ

こぎく組の子どもたちはみんな走ることが大好き!
幼稚園に来ると、毎日テラスや園庭に出て走りだしたくてしょうがありません。遊びたい気持ちを抑えつつ、外に出る時はまずは保育者とお約束ごとの確認をします。初めはどういう意味なのかわからず、外に飛び出してしまう子もいましたが、最近ではそのお約束ごとを保育者一緒に繰り返す姿も見られるようになり、少しずつ「話を聞く」ということができるようになってきました。
 
 
 

いざ走ると言っても走る=遊び方は様々です。
テラスから見える電車を追いかけて横を一緒に走ったり、園庭で先生と追いかけあいっこをしたり、広い講堂をぐるぐる大きく走ったり。
その中で、よーいどんの合図でみんなで走る、という遊びも1学期から少しずつ取り組んできました。初めは『よーいドン!』の体操をしたり、マットからマットへ合図とともにお引っ越しをするという遊びを通して、合図に親しみを持てるようにしました。合図が聞こえるより先に走っていったり、ずっとマットに座ったままでいる子も、先生やお友だちがやっているのを目の前でみて、真似をしたいと思い自分から動く姿が多く見られました。
「よーいドン!」の合図で走り出せるようになり、思いっきり走って、残る最後はゴールです。
 
 
こぎく組のかけっこで一番大切にしていることは、子ども達が“やりたい!何回もしてみたい!”と思う気持ちです。
そのため思いっきり走った後に音のなる楽器を叩いてみたり、カーテンのようなものをくぐってみたりと、いろんなゴールをつくって何回も何回も、たくさんたくさん遊ぶようにしてきました。
 
 
 
さあ、今日のゴールは怪獣です。
こぎく組の部屋に飾ってある海の仲間たちを食べてしまう悪い怪獣(という設定です)。子ども達はやっつけるために怪獣めがけて一生懸命頑張って走ります。
こぎく組の子ども達にとっては初めての運動会。
初めてのたくさんのお客さん。
緊張していつも通りとはいかないかもしれません。
それでもひとりひとり自分なりに一生懸命走ってパンチする姿を、是非ご覧ください。