年少組 かけっこ

年少のかけっこは、かけっこの基礎となります。
お友だちと競い合い一番になりたいという気持ちよりも、子ども達の“走るって楽しい!”という気持ちを大切にしています。
かけっこというと、”順番に並んで待って…”という姿をイメージしがちですが、”並んで待つ”ということを”練習”するのではなく、「走りたい!」という気持ちを最優先に考えるようにしました。
並ばずに全員マットに待機し、走りたい子から前に出て走るという形にしています。
年中・年長組と比べると走る距離は短いですが、”目標に向かって走り抜ける”というねらいに対して、子ども達がチカラを発揮できるように距離を設定し、走り方も直線にしています。さらには、ゴールという目標に楽しみを持って向かっていけるように、すずらんテープを使用して工夫しています。
 
 
 
これまでの取り組み


まずは、目標に向かって走るというところから始めました。
初めは、マットからマットへ走る”お引越しゲーム”に遊びのひとつとして取り組みました。最初は、ごく短い距離を何度も何度も繰り返し走ります。その中で「よーい どんっ!」の合図で走りだすことを、この”お引越しゲーム”の中で約束し、覚えていきました。段々と走る距離を長くしたり、「男の子だけ走る」「名前を呼ばれた人だけが走る」などの条件をつけることで、楽しみながら、自分の走る番や、順番に走ることも学んでいくことができました。

 そして、次に”スタートラインからはみ出さないように”、”次に走る人はイスに座って準備する”という2つのことに取り組んできました。
「マット」→「イス」→「スタートライン」と順に移動することは、最初はやはり難しいようで、保育者が声を掛けながら行っていました。走りたいという気持ちが強く、お友だちと椅子を取り合う姿や、反対にお友だちに椅子を譲ってあげる姿が取り組む中で見られました。そんなひととかかわるということが、今日の姿に繋がっています。
 
 
 
いよいよスタート…


スタート前、子ども達はどんなことを考えているでしょう?
「よし!つぎだ!」「はしるぞー!」「ドキドキするな」「がんばるから みててね!」
きっと、それぞれに気持ちを準備していることでしょう。とても大切な時間ですね。
イスに座る時間が、気持ちを準備する時間です。ほんの短い時間ですが、観ている方々にも、ぜひ、子ども達の気持ちを感じていただきたい時間です。
 
 
 
さあ、スタート!


スタートの時に、大切にしていることは、子ども達との目と目を合わせてのやり取りです。
「いくよ!」「うん いいよ!」と、目と目、気持ちと気持ちを合わせて笛を鳴らすよう心がけてきました。一般の陸上競技では、走るレーンのど真ん中にスターターが立って、合図を送ることはまずありませんが、このやり取りをしっかりできるようにするために、スターターはど真ん中にいるように工夫しています。
気持ちとカラダの準備ができたら、笛の合図でいいスタートをきれるはずです。
 
 
 
「めっちゃ早く走れるで!」「見ててな!」
 
今、子ども達は、走る事が大好きです。
 
かけっこを通して様々な事を学び、成長した子ども達がゴールに向かって一生懸命走る姿に大きな声援をお願いします。

年少組 サーキット

年少のサーキットでは身体をたくさん動かして“楽しい!”“もっとやってみたい!”という子ども達の意欲を大切にしています。
なぜなら、存分に楽しいを経験すると、必ず、もっと難しいことにも挑戦したいという更なる意欲がたくさん出てくるからです。
挑戦したいという意欲を育て、年中・年長となるにつれて新たな遊具や技(技能の獲得)にも挑戦していけるようにと考えています。
 
 
初めは、トラックの周りに遊具を置いてどんどん周っていきます。しかし、少しずつ次はどこにいくのかという事を覚えていくとぐるぐる周るだけでは簡単になります。そこで、少しずつ遊具の置く位置を変えて道を難しくしていきます。それが年長のサーキットの基本の形になっていきます。また、サーキットをひとつひとつみていくと、前転、お舟漕ぎという1つずつの競技に見えがちですが、実は前転はしっかり手をついてまわるという鉄棒の前回りに繋がっていったり、お舟漕ぎではしっかり腕を伸ばして前に進んでいく腕支持で跳び箱に繋がっていたりと、その他にも色んな競技に繋がっています。他にもたくさんありますが、前転においてはマットの下に踏み切り板を入れて坂を作り回りやすくして、身体で回り方を覚えられるように工夫しています。それぞれ、次に繋がる大切な要素がたくさん入っており年中・年長のサーキットに繋がる大事な基礎が年少のサーキットです。
 
 
これまでの取り組み


広い所に行くと、子ども達はまず思いっきり走り出します。しかし、たくさんの子ども達が一斉に色んな所に走ってしまうとぶつかったり怪我に繋がってしまいます。そこで初めに数枚マットを敷いてマットを家に見立てて一方通行で走り、笛が鳴ると家に戻るという事を遊びながら何度も繰り返し行い、少しずつ遊具を出してサーキット遊びに繋げていきました。
サーキットでは“はやくやりたい!1番にやりたい!”という思いがたくさん出てきます。そんな気持ちから友だちを抜かしたり、好きなものだけをたくさんしたりという姿も初めは多く見られました。
そこで、まずは“順番に並ぶ”という事から伝えていきました。しかし、言葉だけで並ぶという事を伝えても難しい為、子ども達は並んでいるという意識がなくても必然的に並べるように、あえて1人ずつしか出来ない所を作り、これが並ぶという事なんだとわかるように保育者が配置を工夫して置くようにしています。順番が並べるようになってくると、次は子ども達それぞれのペースがあり待ちきれなくて次は友だちを押したり、順番を抜かしたりという姿も出てきます。そこで前の友達が競技をしている時はフープで待って、友だちが終わったらスタートするという事を伝えながら何度も実際に経験することでしっかり理解できるようになってきました。そして出来ている事をたくさん褒めて次の挑戦に繋げていっています。
 
 
一学期から少しずつ遊びや経験からルール・順番などたくさんの事を覚え、しっかり約束を守れるようになりました。そんな子ども達の本番、一生懸命に頑張る姿を是非ご覧ください。

年少組 おゆうぎ

なぜ年少組で「おゆうぎ」をするのか?


初めての社会生活の中で初めて“他者”を意識する子ども達。
おゆうぎを取り組んでいく事でその意識が“自分対先生”だった関わりが“自分とクラスのみんな”に大きく変わっていきます。
他者への興味関心はおゆうぎだけではなく普段の生活でも少しずつ現れ始めてきます。
 
 
なぜみんなで円を作るのか?


「そんな難しい事しなくてもいいのに」「年中や年長ですればいい」と思う人もいるかもしれません。
3歳児にとればとっても難しい事です。でも、せっかく“自分以外の人“を意識出来るようになってきて、やっと”クラスのみんな”が大好きになってきた子ども達。そんな意欲やパワーを最初はふれあい遊びで発散しました。はじめの頃は、クラスみんなで手を繋ぐことがなかなか出来なかったけれど、日々の生活の中で「~しよう!」「いっしょにあそぼ!」「みてみて!」と子ども達同士が関わっていく中で、やっとみんなで手を繋ぐ事が出来ました。“つながった!”“できた!”それそれが色んな思いを抱いて出来た大きな丸。綺麗な丸はつくれなくても、ぐちゃぐちゃになっていても、できた喜びの経験こそが年中でのパラバルーンや年長の組体操に繋がっていくと思っています。
 
 

ポーズ決めも先生が決めたものを子ども達に伝えるのではなく、一緒に考える事を大切にしました。年少組はまだまだ自己主張が強かったり、思いを押し通したり、相手の話を聞き入れようとしなかったり…そんな姿が見られますが、保育者が上手く話しの流れを作りながら、「どうする?」「こんなのはどうかな?」とクラスのカラーや普段の子ども達の様子を考え、ポーズを提案すると子ども達から「~がいい!!」「こんなんは?!」と次々と自分達のアイディアが出始め、少しづつ「協調性」や「相手の話に耳を傾ける力」が身に付いてきます。年少組はまだまだ子ども達だけでは話合いは出来ませんが、保育者が話を進め、まとめていく姿を見て、子ども達が「自分の話を先生が聞いてくれた!」「みんなのアイディアをまとめてくれた!」と子ども達がそれぞれに感じ、年中・年長へ進級する時には今度は自分達で“相手の話を聞き入れ、自分も発言できる”“うまくまとめようとする”ことが出来るようになっていきます。たった1つのおゆうぎですが、沢山の動作や過程が、普段の生活や、子どもたちが成長するための大切な”ステップ“になっています。
初めての場所で初めての運動会。
広かったり、お客さんが多かったり…子ども達はきっとドキドキします。
本番、いつもの姿とは違うかもしれません。笑顔が少しぎこちないかもしれません。でも、おゆうぎを取り組んできた“過程”が子ども達にとって1番の宝物です。

小菊 かけっこ

こぎく組の子どもたちはみんな走ることが大好き!
幼稚園に来ると、毎日テラスや園庭に出て走りだしたくてしょうがありません。遊びたい気持ちを抑えつつ、外に出る時はまずは保育者とお約束ごとの確認をします。初めはどういう意味なのかわからず、外に飛び出してしまう子もいましたが、最近ではそのお約束ごとを保育者一緒に繰り返す姿も見られるようになり、少しずつ「話を聞く」ということができるようになってきました。
 
 
 

いざ走ると言っても走る=遊び方は様々です。
テラスから見える電車を追いかけて横を一緒に走ったり、園庭で先生と追いかけあいっこをしたり、広い講堂をぐるぐる大きく走ったり。
その中で、よーいどんの合図でみんなで走る、という遊びも1学期から少しずつ取り組んできました。初めは『よーいドン!』の体操をしたり、マットからマットへ合図とともにお引っ越しをするという遊びを通して、合図に親しみを持てるようにしました。合図が聞こえるより先に走っていったり、ずっとマットに座ったままでいる子も、先生やお友だちがやっているのを目の前でみて、真似をしたいと思い自分から動く姿が多く見られました。
「よーいドン!」の合図で走り出せるようになり、思いっきり走って、残る最後はゴールです。
 
 
こぎく組のかけっこで一番大切にしていることは、子ども達が“やりたい!何回もしてみたい!”と思う気持ちです。
そのため思いっきり走った後に音のなる楽器を叩いてみたり、カーテンのようなものをくぐってみたりと、いろんなゴールをつくって何回も何回も、たくさんたくさん遊ぶようにしてきました。
 
 
 
さあ、今日のゴールは怪獣です。
こぎく組の部屋に飾ってある海の仲間たちを食べてしまう悪い怪獣(という設定です)。子ども達はやっつけるために怪獣めがけて一生懸命頑張って走ります。
こぎく組の子ども達にとっては初めての運動会。
初めてのたくさんのお客さん。
緊張していつも通りとはいかないかもしれません。
それでもひとりひとり自分なりに一生懸命走ってパンチする姿を、是非ご覧ください。

ちいさく・てくてく かけっこ

園庭では元気にかけっこや追いかけっこを楽しんでいる子ども達。
はじめは先生が「よーい、どん!」と声をかけていましたが、次第に子ども達だけで「たちましょう、ピッ!よーい、どん!」と言いながらかけっこを楽しむ姿が見られるようになりました。ホールでの遊びや、日頃の遊びを組み合わせたかけっこを見ていただきたいと思います。
 
 
子どもの興味をとりいれ、箱を倒すことをかけっこにとりいれました。
子ども達の走る先には複数の箱(かいじゅう)が並んでいます。それぞれに、目当て(お気に入り)のかいじゅうがいるようで、それめがけてまっしぐらです!
走る順番を並んで待つ、スタートの位置が決まっているわけではありませんので、その時の順番、スタートする位置によって、目当てのかいじゅうがまっすぐ前にいるとは限りません。
だから、斜めに走って、隣のレーンのこのかいじゅうを倒しているように見えるかもしれません。それから、2匹のかいじゅうを倒す子がいるかもしれません!
 
だけど、全部OK!
 
それぞれの「意欲」を大切にしているからです。
 
子ども達のキモチ、成長を、ぜひ見守って応援していただきたいと思います。
 
 
 
※かいじゅう(積み重ねられた箱)は、走る人数分ですが、1人が2匹倒しても全員が倒せるように、すぐに積み直します!倒せない子はいませんのでご安心ください!

ちいさく・てくてく 親子体操

リズム遊び・体操が大好きな子ども達で、音楽が流れると笑顔でからだを動かしたり、揺らしながら全身で楽しんでいます。また、跳んだり、跳ねたり、ぶら下がったりなどいろんな動きができるようになってきました。親子体操は、できるようになった動きもとりいれた内容となっています。大好きなお父さんやお母さんと一緒にスキンシップをとりながらからだを動かして楽しみたいと思います。
 
 
遊びの中で、他のクラスの同年齢と交流して、子ども同士の関わり合いも増えてきました。
当日は、こぎく・ちいさく・てくてく・のびのびのお友だちと一緒に行いますので、お友だちとのふれあいのばになればと思っています。
 
 

年中組 かけっこ

年中組のかけっこでは、自分のコースの先にあるコーンを回り、ゴールを目指します。
年少の時はスタートの先に見えているゴールを目指し直線を走りきること、合図の音を聞きスタートする事が目標でしたが、年中組では、”スタート合図の先生をしっかり見て素早く反応すること”、”自分のコースのコーンを回り最短距離でゴールをする”、”ゴールまで全力で走りきること”の3つが目標です。
 
 
 

最初は、“たくさんある中の好きなコーンを回って帰ってくる”ことから始めました。
次に、”目標物(コーン)を決めて走って帰ってくる”ことに挑戦しました。
目標物がわかりやすいように、距離を短くして近くに置き、何回も回り走りきる事を経験しました。
目標物近い分、間違えなく回ることはできましたが、次は、右回りに回る子、左回りに回る子がいるので、コーンを回る時に隣同士ぶつかってしまいます。右回り、左回りと言っても、なかなか言葉ではわかりにくいので、スタートと目標物のコーンを一直線にするのではなく、コーンを少しずらして、左回りに誘導するよう工夫してあります。
取り組む中で、だんだんと、どのようにしたら早くゴールが出来るのかを感じ、最短距離で走る事が出来るようになりました。
またコーンの近くでは上手く回れるように自分達でスピードの調節もしながら走っています。
年少時の時より難しく、距離も長くなっていますが全力で走り切る姿にご注目ください。
 
 
 
また、走り終わってからも友だちの走っている姿を見ること、応援する姿が見られるようになりました。他の競技や友だちとの関わりで経験してきた“協力する”“力を合わせる”ことと繋がっているのだと感じます。
 
 
年長組でのかけっこは半円を走ります。
今回年中組で経験したコーンを回る、回る時には走る速さを調整することが来年の年長組でのかけっこへの一歩だと思います。

年中組 サーキット

年中組のサーキットでは、鉄棒の前回り、跳び箱の飛び乗り、マットの前転に挑戦します。
年少組の時に経験してきた、マットでの”おいもゴロゴロ”や”おふねこぎ”での動きや力を生かし、1学期から取り組んできました。
 
 
鉄棒での前回りでは、鉄棒に飛び乗り自分の腕の力で支え回ります(腕支持)。はじめは、回る事が怖かったり、腕支持で自分の力でからだを支える事が出来なかったですが、マット運動の前転で回ることを繰り返し経験したり(からだをぐるんと回す動きは同じです)、跳び箱を”お山”に見立ててのお山のぼりで、飛びつくタイミングや支持の仕方を繰り返し行う事で、やってみようという勇気と自信が付き、頑張って取り組めるようになりました。
 
 
跳び箱では、グーパーの動きや両足で飛ぶ動き(うさぎジャンプ)をサーキット中にたくさん取り入れるようにしました。跳び箱の前にフープで「グ」→「パー」→「グ」とケンケンパーのように置く事で、リズムよく自然とパーで飛び乗るなど工夫することで、タイミングよく、両足で踏み切る事が出来るようになってきています。
 
 
前転は、年少組から取り組んでいる子が多いことなどから、比較的出来る子が多い動きかもしれません。
「自分の力でゴロンと回ること」を目標にしてきた年少組の「でんぐりがえし」に対し、年中組は「ゴロンと回った後に立ち上がる」という「前転」が目標です。
ゴロンと回転した後、立ち上がるためには、回転の姿勢や足の使い方など、技術的なことはありますが、まずは、立ち上がろうという意識を持つことを大切に取り組みました。
それが友だちに観てもらうという工夫です。先生の指導ももちろん大切ですが、友だちに見てもらう事で、劇的に動きが変わります。言われて(教えられれて)変わるのではなく、自分で意識して変わっていきます。「素早く立ち上がって、ポーズする」この動きをより早く、より滑らかにしようと意識してからだを調整しようとする姿が見られます。
また、“喜び”“期待感”“緊張”“自信”と様々な感情を経験し、友だちとの関わりを大切にして取り組んでいます。練習では2人組になるお馬さんやスーパーマンなども取り入れ、どの役をどっちがするかを考えたり、友だちを意識し、相手の事を考える取り組みも取り入れてきました。友達の前転を見てジェスチャーする事や2人組などの経験で、友だちとの関わりや、競争心が芽生え普段の生活の中でも生かされてきています。
 
 
またコースを何個か設け、高さを変えたり、前転では坂があったりなかったり、前回りでは台があったりなかったりと自分で自信を持って出来るコース、挑戦したいコースを選び行います。
 
 
年長組に向けて、鉄棒や跳び箱に取り組んでいくための、それぞれの身体の使い方、友だちとの関わりの大切さを経験できるサーキットとなっています。

年中組 綱引き

縄跳びの引っ張り合いっこの遊びから始まった綱引き・・・
今では、友だちと一緒にする楽しさを感じたり、クラスで力を合わせ頑張っています。
どうしたら、他のクラスに“勝てる”のか相談しながら子ども達と担任で作戦を考えている日々・・・ひとつの目標に向かってクラスで相談することは初めてのこと!!
“作戦”といっても最初は“どういうこと・・・”となんとなくぼんやりしていた子ども達でしたが、綱引きを終えるたびにクラスで話す機会を設けることで、強くなるための作戦、みんなの気持ちをひとつにする話し合いというスタイルが少しずつわかってくれました。最初は何となく意見をしていましたが、回数を重ねると「力の強い人が前にいったらいいんと違う!?」と具体的な意見が出て来るようになりました。そこからは友だちのことをよく見ていることも感じることが出来ました。
綱引きを通して自分の意見を発表したり、友だちの意見を知ったりしながら互いに関心を寄せ、分かり合えるように育ってほしいと思います。人と共にいる喜びを育てながら、クラスの輪を深め、協力することの楽しさや充実感を育みます。
 
 
 
見所


①クラスによって引っ張る時の掛け声が違うとか!?
 
定番は「オーエスッ!」
さて、今日はどんな掛け声が飛び出すかっ!?
 
 
②綱からボールまでの距離が難しい…!?
 
これまで練習の中で、綱からボールまでの距離を試行錯誤してきました。
距離が遠すぎるとなかなか決着がつかずに間延びしすぎてしまいますし、近すぎると応援す間も、力を出す間もなく決着してしまいますし…
「引っ張っても、応援していても、心地よい決着までの距離感」
を追い求めて調整を繰り返してきました。
現在のところ、180センチが最適と判断しています。
 
しかし、本番になると、練習以上に子ども達はパワーを発揮します。
 
長いか、短いか…??
 
う〜ん…今年はどうだろう…??

年中組 パラバルーン

パラバルーンは、円形の大きな布をみんなでタイミングを合わせて動かしたり、様々な形を作ったりして遊ぶ事が出来ます。
遊びながらタイミング感覚・リズム感・スピード感・表現力など身に付け、仲間とのコミュニケーション能力を育てることをねらいとしています。

年中組では、運動会に向けての活動を通してクラス意識が少しずつ高まっていきます。
 
1学期初めは遊びを通して、少しずつパラバルーンに親しんできました。
初めはバタバタしたり、バタバタしている中を探検してみたり、遊ぶ事でパラバルーンに慣れ親しみ、楽しみました。たくさん味わうと、「もっとしたい!難しいこと(ワザ)にも挑戦したい!」という気持ちが湧いてきます。そこで、“山”や“家”、“パラシュート”などの技に挑戦し始めました。
その中で「みんなで力を合わす」大切さを伝えていきました。
「一人でなく、みんなでパラバルーンをしていること」を意識し、成功と失敗を繰り返すことでクラス意識がより高まりました。さらには、自分のことだけでなく周りも少しずつ気に掛けられるようになりました。また少しずつではありますが、パラバルーン以外の部分でも周りに気が付くようになったり、協力する姿も増えてきています。パラバルーンを通して、周りを感じる事やクラスみんなで協力するとこんなにも大きな力になる事を実感し、経験してもらいたいと思います。
 
 
 
取り組みの中で
 
クラスのみんなで持ったとしても、あの大きなパラバルーンです、なかなかうまくいきません。
上手く膨らまなかったり、できなかったり。
繰り返し遊んでいく中で「みんながしっかりと引っ張ること」を伝え、子ども達一人ひとりが意識することで上手く膨らむようになりました。
回数を重ねることで少しずつよく膨らむようになっているパラバルーンを間近で見て、子ども達は喜ぶと共に達成感を感じていました。
今日の演技の中にも、「引っ張って!」という場面が、所々に見られるかと思います。
“お山””パラシュート”などと比べると、地味なところですが、「引っ張って!」=「うまく、カッコよく出来るように!」とクラスが1つになってがんばるポイントです!
ぜひ、感じて見てください!
 
 
 
「協力」
 
 
「みんなの力を合わす」ことが大切なパラバルーンは、「協力」が大切という言葉でも表現できると思います。
 
“協力”には、パラバルーンのように、みんなが同じ動き、同じタイミングで、同じ役割をする協力と、それぞれが違う役割を果たしながら、同じ目的を達成する役割分担を伴った協力があります。例えば、リレー、組体操、野球・サッカーなどポジションがあるチームスポーツなどがそれです。
年中組では、協力=力を合わせるを、わかりやすく、体感、実感できるように、前者の協力=パラバルーンや綱引きに取り組むようにしています。
 
 
 
そして、年長組へ。
リレーや組体操といった、役割分担を伴った協力の中にも、楽しさを感じられるようになってほしいと思います。